写真:戸建イメージ

ZEHゼッチネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ABOUT ZEHネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEHゼッチ)について

イラスト:ZEHの仕組み

住まいの年間の基本的なエネルギー使用量が、正味でゼロになるという「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス ( ZEH ゼッチ )」が急速に広がっています。

政府は、「2020年までに新築戸建ての過半数をZEHゼッチにする」と目標を掲げましたが、一昔前なら夢のようだった住宅が、わずか数年先には世の中の標準になるわけです。
エコ住宅の進化のスピードは、目を見張るものがあります。

ZEHゼッチは、「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量※」を正味でおおむねゼロ、またはゼロ以下にする住宅のことですが、もう少し具体的に言うと、住宅性能や高効率設備機器により住まいの省エネ性を高めて『使うエネルギーを減らし』、使うエネルギーを太陽光発電などで『自家発電』して、家庭で必要なエネルギーを『自給自足』できる住まいのこと。

※一次エネルギーとは…石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料のこと。普段使っている電気や都市ガスは、これらを使いやすく加工した「二次エネルギー」と呼ばれています。

ZEHゼッチはもう当たり前にFUTURE STANDARD

家を建てるならZEHゼッチが当たり前という時代がすぐそこまで来ています。
ゼロエネルギー化にはすごくお金がかかりそう!という印象の方もいると思いますが、それは大手メーカーの影響が大きくて、エネファームや蓄電池などの設備にコストが掛かかっているからなんです。

実はZEHゼッチの肝は高断熱化で、高断熱化の内容は、ちゃんとした知識と情報を持って、しっかりした技術さえあればクリアできるレベルなのでさほど難しくはないのです。

エースホームなら、設備は“標準”のままで、断熱を標準よりも高断熱化することで、コストを抑えながら、健康と快適性、家計により貢献する住まいを建てられます。
それでも初期費用はかかりますが、建築費だけで判断せず、長期的な視点での光熱費などのコストや補助金を使えれば将来的にはとてもお得。

ZEHゼッチのメリットMERIT

  1. 写真:女性と電卓
    家計にやさしい
  2. 写真:健康的な家族イメージ
    健康に良い
  3. 写真:植物
    環境にやさしい
  4. 写真:戸建
    将来の資産価値
  5. 写真:戸建
    防災性能

WA-lifeのZEHゼッチOUR SERVICE

ZEHゼッチ仕様の住まいにするためには、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つの基準を満たす必要があり、さまざまな仕様やアイテムを変更するのではコストがかかります。

WA-lifeの住まいは、高断熱の構造体をベースに、「高性能グラスウール」や「高断熱サッシ」を標準で採用。標準仕様で、ZEHゼッチに必要な断熱基準に対応しています。
そのため、換気・空調、照明、給湯の省エネアイテムや太陽光発電パネルなど、わずかなアイテム変更・追加のみで、ZEHゼッチに対応することができます。

イラスト:ZEHの仕組み

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム